製品案内

活性式アザミウマ予察捕虫器|CAZ-110 |アザミウマキャッチャー

活性式アザミウマ予察捕虫器(アザミウマキャッチャー)

  • CAZ-110

24,200円(税込み)

消費税込みの価格です。北海道および離島は除きます。

粘着シートに付着した害虫の種類や数で防除の目安に・・・

※価格は10セットの金額です

アザミウマ(スリップス)類は、微小害虫で見つけにくく、作物に被害がでてから発生に気づくケースが多くあります。
活性式アザミウマ予察捕虫器「CAZ-110」は、色(粘着シート)にプラスして匂い(アザミン)でアザミウマを引き寄せることで、早期に害虫の発生状況が把握できます。
アザミウマが増える前に本機を設置して、農薬散布の目安を判断する調査用器具としてお使いいただけます。

何ができる製品なの?

食品由来の原料を使用した「アザミン」をファイバーロッドで吸上げ、匂いを拡散させることで、アザミウマを引き寄せ易くします。

また、本機には、市販の粘着シートを2枚取付けることができます。
粘着シートは黄色と青色があり、それぞれ捕獲しやすいアザミウマの種類がありますので、各色1枚ずつの組合せで取付けることで、幅広いアザミウマの予察が可能です。
アザミウマの種類が特定されている場合は、黄色2枚や青色2枚などお好みの組合せでご使用いただけます。

匂い(アザミン)と色(捕虫シート)のダブル効果で、アザミウマの発生状況を予察することで、早期防除が行え、作物への被害軽減につながります。

「アザミン」って何?

「アザミン」とは?
  匂い成分でアザミウマ類を誘引します。

●原料は、食品由来で約3か月間 匂いが拡散します。
●農薬成分は含まれていません。
●赤色は食用色素によるものです。

!注意!
 間違って誤飲しないよう、保管・管理してください。
 作物に直接散布したり、飛散させたりしないでください。 

アザミウマの被害が多い主要作物と本製品の粘着シートに付着実績のある害虫

■アザミウマ類の被害が多い主要作物
 ・ナス科 ナス、ピーマン、シシトウ
 ・ウリ科 キュウリ、メロン、スイカ
 ・ユリ科 ネギ、アスパラガス
 ・マメ科 インゲンマメ、エンドウ
 ・キク科 シソ、オオバ、キク
 ・花弁類 シクラメン、ガーベラ
 ・果樹類 ミカン、ブドウ、カキ                など

■本製品の粘着シートに付着実績のある害虫
 ・アザミウマ類
    ミナミキイロアザミウマ・・・薬剤抵抗性あり
    ネギアザミウマ・・・・・・・ウイルス媒介あり
    ミカンキイロアザミウマ・・・ウイルス媒介あり
    ヒラズハナアザミウマ・・・・ウイルス媒介あり
    チャノキイロアザミウマ・・・吸汁による加害あり
 ・キノコバエ類    

仕様

※黄色・青色の粘着シートが各10枚付属しています

設置について

●害虫が発生する前の栽培初期に設置、設置台数は100㎡(1a)に1台が目安です。
●設置の高さは、地上0.5~1mを目安とし、捕虫数をチェックして適宜高さを調整します。
●粘着シートの捕虫数を計数すると、農薬散布のタイミングが分かる調査用器具です。


ポイント!
 ●アザミウマ類は、種類・季節・地域によって好む色が違う場合があります。
  付着状況を見ながら粘着シートを選択してください。
 ●送風機など強風が当たらない場所に設置してください。